光言社 編集者ブログ

印刷

  • 編集室
  • いいね(169)

2021年04月02日

最終回? すべてのわざには時がある

天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。

(旧約聖書・伝道の書、3章1節)

 

仕事で「天が下」の読み方が、「あめがした」なのか「あまがした」なのかを調べていたとき、たまたま見つけた聖句です。

聖書学について詳しいわけではありませんが、純粋にいい聖句だなぁと感じました。

 

思い返せば、私が祝福を受けたタイミングも「時」だったと思います。

 

2017年の祝福式に参加しましたが、主体者が祝福に向けて準備を始めたのは2014年だったそうです。

ですが、信仰観や家庭に対する考え方が一致する方と、なかなか出会えなかったとのこと。

 

その頃、私は大学に入学したばかり。

在学中に祝福を受けたい思いはありましたが、学業やサークル活動、慣れない留学生活で疲弊し、祝福に向けた準備まで気が回りませんでした。

 

大学に慣れ、余裕も出てきた2015〜2016年。

そろそろ準備をと思っていましたが、なんとなく「私の相手は、今はいない」という気がして、結局相手を探すことなく、この年を終えました。

後々、主体者に聞いたら、ちょうどこの頃は仕事が忙しく、残業時間が月100時間の日々が続き、祝福準備どころではなくなってしまったそうです。

 

そんなこんなで、お互いの環境が整った2017年に出会い、無事にその年の祝福式に参加することができました。

お互いのことをそれぞれ待っていたんだなと思います。


すべてのわざには時がある。

 

「いつが時なのか」は、その時にならないとなかなか分からないものですが、神様が準備した「時」に、いつでも対応できるよう備えておきたいものです。



さて、この春、部署異動がありまして、次回からこの「祝福体験記」を後輩に引き継ぐことになりました。

この異動も神様の「わざ」であり、「時」なのでしょう。

つたない文章にもかかわらず、今までたくさんの「いいね」を押してくださり、本当にありがとうございました!

今後ともお客様によりよいものを提供できるよう、努力してまいります!

※よろしければ、「いいね」ボタンを押していただけると、新しい部署で頑張る力になります(^^)

いいね(169)

戻る