光言社 編集者ブログ

印刷

  • 日本と韓国の文化比較
  • いいね(1)

2014年01月07日

【韓国昔話2】オソンとハヌムの機知で取り戻した金の仏像

 【韓国昔話2】オソンとハヌムの機知で取り戻した金の仏像

 

 

 オソンとハヌムが結婚したのち、科挙試験の準備のために、ある寺に入って勉強していたときの話です。

 

 ある朝、お寺の講堂を管理しているお坊さんが、オソンとハヌムが寝起きする部屋に訪ねてきました。

 

 「おふたかた、大変なことが起きたのですが、私を少し助けてください」

 

 「大変なこととは、どういうことですか」

 

 「講堂に安置されていた小さな金の仏像がなくなったのです。ご住職様がお知りになれば、とてもお怒りになります。どうにか探す方法はないでしょうか」

 

 お坊さんは、とても不安そうに、今にも泣き出しそうな表情を浮かべて言いました。

 

 「なんとまあ‥‥。誰が貴い仏像をもっていったのだろうか? 何か心当たりはありませんか」

 

 「昨晩、寝ている間に誰かがもっていったようです。講堂の中も、お寺の中も、くまなく探したのですが見つからないのです」

 

 「分かりました。一度、調べてみましょう」

 

 「私も、もう一度探してみますので、どうかよろしくお願いします」

 

 お坊さんが帰ったのち、二人は、部屋から出て、お寺の周辺を散策してみました。

 

 昨晩、雪が降ったので、一面銀世界でした。

 

 「お寺の周辺に足跡や人の通った痕跡がないのを見ると、間違いなくお寺の中にいる誰かが金の仏像をもっていったはずだ」

 

 ハヌムは、そう言うと、くちびるをぎゅっと閉じました。

 

 「そうだとすれば、お坊さんが仏像を盗むはずはなく、仏様を供養するために来た人の中の誰かがもっていったようだな」

 

 とオソンが推測しました。

 

 「うん、そのとおりだと思うが、むやみに人を疑うことはできないだろう」

 

 「そのとおりだ。その上、仏様をまつっているお寺の中で荷物を調べることもできないし‥‥」

 

 二人が考え込んでいると、昨日仏様の供養をするために来た若い夫婦が、

 

 「お祈りが終わったので山を下ります」

 

 と言って、お坊さんたちとあいさつを交わしていました。

 

 それを見るなり、オソンとハヌムは目を合わせました。

 

 「君の考えもそうか」

 

 「うん、君もそのように考えたのだな」

 

 二人とも、その若い夫婦が怪しいと思いました。

 

 急な用事でもないのに、雪が溶ける前に山から下りようとすることが怪しかったのです。

 

 オソンとハヌムは、部屋に戻って簡単に荷造りをしたのち、先ほど訪ねてきたお坊さんの所に行きました。

 

 「お坊さん、しばらく山を下りてきます。うまくいけば、金の仏像をもってこられるかもしれません」

 

 オソンの言葉に、お坊さんの顔に一瞬、笑顔が浮かびました。

 

 二人は、急いで山の近道を下りていき、夫婦が通りそうな所で待っていました。

 

 夫婦の姿が見えると、オソンとハヌムは分かれました。

 

 待っていたオソンが夫婦に声をかけました。

 

 「どこまで行かれるのですか」

 

 「私たちは、京畿道の驪州のほうに行きます」

 

 「あー、それはよかった。私もそちらの方面なので一緒に行きましょう」

 

 オソンは、夫婦と連れ立って歩きはじめました。

 

 しばらく行くと、今度はハヌムが現れ、一行は四人になりました。

 

 もちろん、オソンとハヌムは互いに知らないふりをしました。

 

 いつしかお昼時になりました。

 

 四人は一緒にご飯を食べることにして、宿に入っていきました。

 

 そして、一緒の部屋で食事を終えたのち、ハヌムは「先に出発します」と言って、荷物を担いで出てきました。

 

 ハヌムが宿の門を出ようとすると、若い夫婦が走ってきてハヌムをつかみました。

 

 「いや、何をするのですか」

 

 「荷物が入れ替わりました。今、あなたが背負っている荷物は私のものです!」

 

 若い男性は、目をまんまるくしてハヌムの担いでいる荷物を奪おうとしました。

 

 「あれ、何をするのですが、間違いなく、これは私の荷物ですよ!」

 

 ハヌムも、気勢をくじかれないように大きな声で言い返しました。

 

 「こんなたちの悪いどろぼうがいるか! 人の荷物を自分の物だと言い張っている!」

 「どろぼうだって? 私の荷物を私が背負っていくのに、何の言いがかりですか」

 

 若い男性とハヌムがああだこうだと言い争っていると、人々が集まってきました。

 

 そのとき、オソンが間に入って言いました。

 

 「そのようにけんかをするのではなく、互いに荷物をほどいてみればいいではないですか」

 

 「いいでしょう、そうしましょう」

 

 ハヌムが荷物を下ろしながら言いました。

 

 オソンは、ハヌムを見ながら尋ねました。

 

 「まず、あなたの荷物からほどいてみましょう。荷物の中には何が入っていますか?」

 

 「私の荷物の中には、金の仏像が入っています」

 

 ハヌムがそう言うと、若い夫婦の顔は、みるみる青ざめていきました。

 

 「それでは、荷物を開いてみなさい」

 

 ハヌムが荷物を広げると、本当に金の仏像が出てきました。

 

 すると、オソンが若い男性を見て言いました。

 

 「この人の言葉どおり金の仏像が出てきたので、この荷物はこの人の物ではないですか。なぜ、あなたの物だと言い張ったのですか」

 

 「いえ、私の錯覚だったようです。す、すみません」

 

 オソンが詰め寄ると、若い男性はもごもごと口ごもりながら、自分の妻と席を外しました。

 

 オソンとハヌムは、彼らを捕まえて郡の役所に引き渡そうかとも考えましたが、このような目に遭えば肝を冷やしたはずであり、まだ若い夫婦なので、一度は許してあげることもよいような気がして、そのままにしておきました。

 

 オソンとハヌムは、冗談を言い合いながらお寺に帰ってきました。

 

 「人の荷物をこっそりもって出てきたのだから、君こそどろぼうではないか」

 

 「私がどろぼうなら、君は何だ? どろぼうと組んで事をはかったので、当然、君もどろぼうではないか。ははは」

 

 「あー、そういうことになるのか。ははは」

 終

いいね(1)

戻る