光言社 編集者ブログ

印刷

  • 光言社 新刊のご案内
  • いいね(4)

2022年04月27日

新刊情報:『統一思想的宇宙観』が発刊されました

宇宙はどのようにして生まれたのか、そして現在どのようになっており、未来はどうなるのか。

壮大な宇宙のドラマを、わかりやすく解説した、張鏡清・台湾統一思想研究院院長による統一思想の宇宙論シリーズです。


本書は三部作シリーズの完結編です。この三部作は、提示部・展開部・再現部の「ソナタ形式」
で構成されています。


第三弾の本書は、宇宙論を概観しながら、統一思想(性相と形状の二性性相など)が神による創造を見事に説明していることを、わかりやすく紹介しています。

三部作の第三弾ですが、簡潔にまと
められているので、まずは本書から読むのもお勧めです。


第一弾(提示部)の『宇宙論と統一思想』は、宇宙論の入門書。私たちが生きているこの宇宙は、どのように始まり、未来はどうなるのか。
わかりやすい表現で、科学の楽しさ、自然の不思議さを思い起こさせてくれます。


第二弾(展開部)は『重力波天文学と統一思想』。天体観測は、光学望遠鏡(可視光線)から電波望遠鏡(電磁波)へと発展してきました。

そして最近、アインシュタインが予言していた重力波が
観測され、天文学が新しい時代を迎えています。
その重力波天文学を、「波と場」、「粒子と波動」など、最新科学をわかりやすく解説します。


そして第三弾(再現部)の本書『統一思想的宇宙観』は、文字どおり統一思想から見た宇宙観を解説しています。

前二冊の要点をまとめながら、科学と宗教を統一(和合)する統一思想が、人間
を含む宇宙が、なぜ、どのようにして存在するようになったのかを説明しています。


物理学や天文学、相対性理論や量子論など、科学や統一思想に興味のある方におすすめです。



著者 張鏡清
判型 A5判 92頁
定価 1320円(本体1200円)⑩


統一思想的宇宙観・目次

Ⅰ. 宇宙はなんだろう   
 1. 宇宙の概念
 2. 宇宙論の発展過程
 3. 宇宙の将来 

Ⅱ. 宇宙よもやま話  
 1. 宇宙の始まりと終わり
 2. 加速膨張する宇宙 
 3. 宇宙論の変遷 

Ⅲ . 統一思想的宇宙観        
 1. 原相の構造と宇宙の構造 
 2. 一点から誕生した宇宙とその後の発展 
 3. 宇宙の行く末

詳細はこちら

いいね(4)

戻る