光言社 編集者ブログ

印刷

  • 編集室
  • いいね(34)

2022年04月21日

とりあえずやってみることも大切

4月といえば、新学期や新しい年度が始まる時期。
何か新しいことを始める人も多いですよね。

ということで、私もこの春から挑戦していることがあります!

それは「手帳をつけること」

実は今まで、手帳をつけるという習慣があまりなかったのですが、
今年、光言社から発売された「Blessed Diary」を4月から使ってみることにしました。

さあ書こう! と月間ページを開いたはいいものの、
事細かくスケジュールを書くのは、やっぱり面倒……。

というわけで、自分でも思った以上に書き込んでいるのが巻末のコンテンツページ。

100のリストだったり、習慣づけのページだったり、書いてみると結構おもしろいのです。

リストは100個も思いつかないだろうという想定で、ハーフ&ハーフにしてみました。


つまり50個ずつ。
行きたいカフェリストと、読みたい本のリスト。

ずぼらなので、まだまだ空欄がたくさんありますが、
これからどんどん埋めていこうと思います。

習慣づけのページはというと、
原理数verのページが大活躍。


21日間の精誠条件が思いのほか多く、すぐに埋まってしまいました……。

また21日間の条件を立てることになったら、31日間のページをカスタマイズして
21数にしてしまおうと思っています。


さて、この手帳の中で大半を占めているのが「週間ページ」

週間ごとの予定や日記など、自由に記入することができます。

ただ、書くスペースが多い分、毎日書くのはなかなかハードルが高いと感じることも。

なので、とりあえず休日に時間ができたときに、好きなことを書くようにしました。

なかなか時間が取れないことが多いですが、マイペースに続けていきたいと思います。

ところで皆さんは、韓国語でこんなことわざがあるのを知っていますか?

「시작이 반이다」(読み:シヂャギパニダ 意味:始めれば半分だ)

そう、始めてしまえば、それはもう半分まで達成したのと同じこと。

挑戦するのをためらっている方がいたら、ぜひこの言葉を思い出してみてくださいね。

この春、皆さんも何か一つ、新しい挑戦をしてみてはいかがでしょうか?


「Blessed Diary」について気になる方はこちらをクリック!

※こちらの「いいね」を押していただけると今後の励みになります^^

いいね(34)

戻る