光言社 編集者ブログ

印刷

  • 世界家庭 編集部員のブログ
  • いいね(78)

2021年09月24日

《韓国文化》目から蜜が!?

 

 韓国では親子が離れることができません。韓国ではよく、“애증관계(愛憎関係)”という言葉を聞きます。どんなに憎くても愛があって離れられないのです。

 日本に帰ってきてびっくりしたことは、親子関係がぷつっと切れてしまいそうな、そんな家庭があることでした。特に、子供たちが親を嫌う感情を見ると恐ろしいです。「愛しているけど憎い」ではなく、本当にただ嫌っているように感じます。

 韓国でよく使われる言葉に、“눈에서 꿀 떨어지다(目から蜜が落ちる)”というものがあります。愛する人を見詰めるとき、目から愛があふれてとろっと甘く溶けてしまうことを言います。

 

 韓国の祖父母の家に久しぶりに遊びに行ったときのことです。

 居間に通され、祖父の長いお話が始まると、祖母が切った梨を持って私の隣に座りました。私は視線を感じるので、ちらっと横を見ました。

 祖母は、シワシワの目をもっと小さくして、うれしそうにじっーと私を見詰め、手を取ると大事そうにさすりました。それから、祖父の話が続く間、飽きもせずに私を見詰めて、にこにこしていました。祖母の目から蜜がぽたぽたと落ちていました。

  

 真のお父様が真のお母様を見詰めておられる映像を見ると、本当にたくさん目から蜜が落ちているのが分かると思います。そんな目で見詰められると、自分が愛されているということを1ミリも疑えません。どんなに憎らしくても、その愛の味を知ってしまうと手離せなくなるのです。

 

 もちろん、韓国にりっぱな家庭ばかりがあるわけではありませんが、この蜜の流れる文化は本当に誇らしいものだと思います。私が日本に広く伝えたいと思う文化です。

 

 

いいね(78)

戻る