光言社 編集者ブログ

印刷

  • 世界家庭 新刊のご案内
  • いいね(47)

2021年04月23日

『世界家庭』5月号は、ここに注目!

ポイント① 孝情 Youth Blessing Festival

3月27日、韓国の清心平和ワールドセンターで「孝情 Youth Blessing Festival」(以下、祝福祝祭)が開催されました。120か国から、中高生と青年および父母、約5万人がオンラインで参加。日本からは約1万9000人が視聴しました。 

本誌には、その場で語られた真のお母様のみ言を掲載。祝福祝祭のようすは、グラビアやリポートでお伝えしています。

また、「家庭教育局のページ」では、本祝祭のポイントとして、真のお母様が主管される「聖決式」(天の前に純潔を守り、祝福への決意を誓う)が行われたことや、二世国際祝福カップルが祝福の素晴らしさを証ししたことを挙げ、その意義と価値を解説しています。

ポイント② 神日本第5地区希望前進礼拝

3月21日、韓国の天正宮博物館と神日本第5地区(九州、沖縄)の福岡家庭教会(福岡教区)をメイン会場に、「神日本第5地区希望前進礼拝」が開催されました。

朴鍾泌(パク・チョンピル)・神日本第5地区会長は「摂理の春を迎えた私たちの姿勢」と題して説教を行い、「真のお母様と一つになる」「過去の習慣から脱する」「新しい種をまく」ことを強調しました。

真のお母様は本礼拝で、次のように語られています。 

「外的には韓日関係が難しくなっていますが、摂理の内的な韓日関係は兄弟ということです。兄弟が一つとなって、天の父母様の夢と、真の父母様の願い、人類の願いを成し遂げてさしあげるのにおいて見本となろう、最初に勝利の結実を天の前にお見せしようという、誇らしい韓日の(第)5地区を愛しています」 

*み言全文や、礼拝の詳しい内容は、本誌をごらんください! 

ポイント③ 神日本第2地区希望前進礼拝 

4月11日、韓国の天正宮博物館と神日本第2地区(北海道、東北)の仙台家庭教会(宮城教区)をメイン会場に、「神日本第2地区希望前進礼拝」が開催されました。

裵亨周(ペ・ヒョンヂュ)・神日本第2地区会長は、「真のお母様と一つとなり、重生復活永生を完成しよう」と題して説教を行い、私たちが永生の道を勝利するためには「①孝情の心情で責任ある行動をする ②真の父母様を中心とした信仰の動機を持つ ③感謝と喜びにあふれる自発的信仰姿勢で歩む」ことが重要であると伝えました。

*真のお母様のみ言(要旨)や礼拝の詳しい内容は、本誌をごらんください!


*編集部から*

「5月号を読みたい!」と思った方は、いいねボタンを押していただけると、編集部の励みになります✨️ 

こちらからお買い求めいただけます)

☆お好きな記事の感想を6月10日(木)までに送っていただくと、光言社の書籍が当たるチャンスです!!

詳しくは以下のURLから!

https://forms.gle/kFYZctq5x5P8kbXx8

いいね(47)

戻る