光言社 編集者ブログ

印刷

  • 編集室
  • いいね(67)

2019年05月09日

新米編集員の備忘録⑥「メモで伸びる企画力」

今が一番過ごしやすい時季だなぁと思う編集員です。 

さて、編集者に求められる能力の一つが企画力です。
摂理の動向、教会などの現場で必要とされていること、最近の流行。
常にいろいろなことをリサーチして、新しい企画につなげていきます。

ただ、新しい企画は、机の前でじっと考えていてもなかなか出てきません。
皆さんも経験があるかと思いますが、案外リラックスしているときに良いアイデアがひらめくことが多いです。

 

そこで重要なのが「メモる」こと!
メモし忘れると、絶対と言っていいほど私は忘れてしまいます・・・・・・。

なので、光言社に入社してからは、アイデアや新企画につながりそうな情報は、「すぐメモる」ようにしています。

下の写真が、私が入社してから使っているメモ帳です。

そう、『家庭教会手帳』に付いている、あの「メモ帳」です!
薄くて小さいので、持ち運びに便利で、他の手帳に挟むこともできます。

アイデアや、あったらいいなと思う商品・サービスは、青いペンで書き、それ以外の企画につながりそうな情報はシャーペンで書いて、見やすくしています。

すぐボツになりそうなアイデアもありますが、ちゃんと実現した企画もあります。
「夢や目標を紙に書くと実現する」という話もあるので、今後もどんどん書き出していきたいと思います。

ぜひ、皆さんもメモ生活を始めてみてください!
私も企画書の提出締め切り日が迫っているので、頑張ります(^0^;)

いいね(67)

戻る