光言社 編集者ブログ

印刷

  • 光言社 新刊のご案内
  • いいね(14)

2019年04月09日

『宇宙論と統一思想』発刊



張鏡清著『宇宙論と統一思想』が発刊されました。

著者は張鏡清・台湾統一思想研究院院長。『原理講論』をはじめ、「勝共理論」、「統一思想」などを中国語に翻訳しています。台湾における統一運動のパイオニアであり、元老です。

 

広大無辺な宇宙はどのようにして生まれたのでしょうか。現在はどのようになっているのでしょうか。そして未来はどうなるのでしょうか。宇宙には壮大なドラマがあります。

最先端の宇宙論でありながら、専門的・科学的な内容をわかりやすく解説しています。宇宙論の入門書として書かれており、科学の楽しさを思い出させてくれます。宇宙、そして科学に関心のある方におすすめです。

また、統一思想の観点から見た宇宙論によって、統一思想の素晴らしさを改めて確認することができます。

【目次】

Ⅰ.宇宙創生の謎の探究から宇宙論へ
 1.私たちの知っている宇宙
 2.宇宙のなかの「モノ」と「コト」
 3.ビッグバン宇宙(火の玉宇宙)の誕生 

Ⅱ.現代物理学を構築している二本の柱
 1.現代物理学の革命的な二大理論:量子論と相対論
 2.量子論と宇宙論
 3.相対論と宇宙論  

Ⅲ.統一思想概要
 1.統一思想とは
 2.二性性相と授受作用
 3.創造の心情動機説と相似の創造説

Ⅳ.宇宙論と統一思想の和合を目指して
 1.科学と宗教を統一する理論を求めて
 2.統一思想より見た宇宙論
 3.宇宙の発展してきた歴史――過去、現在、未来の宇宙


商品ページは、こちら

いいね(14)

戻る