光言社 編集者ブログ

印刷

  • 祝福家庭 編集部員のブログ
  • いいね(52)

2017年12月13日

ブラジルの義父母から学んだ「ポンデ・ケイジョ」

 「祝福家庭」87号(冬季号)の「国際家庭の証」は、相模原家庭教会のローザ・恵利子さん(1275双)です。ブラジル人のご主人との間に、3人の子女がいます。

 恵利子さんは、ブラジル滞在中に義父母から愛され、「親の愛」を体験します。

 ブラジルの家庭料理は塩辛いものが多く、食が進まないため、恵利子さんは10キログラムほどやせてしまったそうです。そんな恵利子さんのことを心配した義父母は、キャッサバ芋とチーズの粉を材料に「ポンデ・ケイジョ」(ブラジルのチーズパン)を作ってくれました。それはとても食感が良く、日本人好みのパンです。



 写真は恵利子さんが編集部に送ってくれた、手作りのポンデ・ケイジョです。本誌には掲載できなかったレシピを紹介します。(F)

■ポンデ・ケイジョの作り方(byローザ・恵利子さん)

(材料) A
牛乳  140g
水    60g
サラダ油 50g
塩   小さじ2/1
───────────
タピオカ粉 200g
粉チーズ  120g
溶き卵  L 1個
───────────

(作り方)
・鍋に材料Aを全部入れ、木ベラでかき混ぜながら、中火で沸騰させる。
・鍋をコンロからおろし、タピオカ粉を入れて木ベラで混ぜ合わせる。ある程度混ぜたら、粉チーズを入れてさらに混ぜる。その後、を入れて混ぜたあと、ボールに移し、ムラがなくなるまで手でこねる。
・オーブンの温度を180度に設定し、温める。生地をピンポン玉より少し小さめのボール状にして、天板に少し離して並べる。180度のまま25分間焼く。
・オーブンの性能により焼き上がりが違う。全体に焼き色が付いたら完成。

※外はカリカリ、中はモチモチのブラジルのポンデ・ケイジョの出来上がりです。焼きたてが美味しいですが、冷めても美味しいです。
※タピオカ粉はスーパーには売ってないため、インターネットか、ブラジルの食品店(タピオカ粉は、ブラジルではポルビーリョといいます)で買ってください。

いいね(52)

戻る