光言社 編集者ブログ

印刷

  • 祝福家庭 編集部員のブログ
  • いいね(34)

2023年08月03日

どうする?
小学生の夏休み

 

 異様なほどに暑い日が続いていますね。皆様、お元気でしょうか。
わが家の子供たちは「暑い、暑い」言いながらも、「外で遊びたい!」と騒いでいます。こんなに暑いのに外で遊びたいなんて……。公園やプール遊びをしたい子供の気持ちも分かりますが、この酷暑です。熱中症になってしまう可能性もあるので、親は慎重になりますね。

 毎日ラジオ体操や学校でのプール活動があればいいのですが、私が住む地域では今年のラジオ体操は4日間だけ、希望者のみのようです。学校のプールも2、3日です。息子は学童に行っていますが、その前後は「ひま〜」と言っていて、どうしたものか悩んでいます。

 時代の変化か、地域の違いか、現在30代半ばの私が、北陸の田舎で小学生だった頃は、毎朝6時半から近所の神社でラジオ体操に参加し、集まった子供たちとそのまま1時間ほど缶蹴りなどをして遊んでいました。午後はほぼ毎日、学校のプールで遊び、結構忙しい毎日だった気がします。ラジオ体操やプールは、地域やPTAの方の協力あってものだったことを、最近知りました。

 今年7月、夏休みに入る直前の礼拝後に幼児や小学生のいる父母で話していると、「子供の夏休み、何する?」という話題になりました。みんな、同じことで悩んでいるようです。そのときは、
・公園やプールは、涼しい朝のうちに
・絵の具で思いっきりお絵描き、お菓子作り、おうち縁日など、室内で満足してもらう
・涼しい地域にある実家に避難する
などの意見が出ました。

 わが家は共働きのため平日はどれも難しそうですが、創作活動が好きな息子、学童の前後は折り紙や工作で時間を潰すことにしたようです。いつまで持つか分かりませんが、今は切り絵に夢中です。

 皆さんの「小学生の夏休み、これで楽しめるよ-室内編-」があれば、ぜひ、教えてください!

いいね(34)

戻る