光言社 編集者ブログ

印刷

  • 編集室
  • いいね(12)

2022年09月15日

国際祝福体験記⑪「豆はしょっぱいもの? 甘いもの?」


9月10日は中秋の名月でしたが、皆さん、満月はご覧になりましたか?


お月見といえば、おだんご

おだんごにも、みたらし、あんこ、ごまだんごなど色々ありますが、私はよもぎだんごにあんこがのっているものが好きです。

実は今、ちょうどブラジル人の主体者が日本に来ているのですが、彼はあんこがあまり好きではありません。




というのも、南米では豆を塩辛く煮つけたものが定番なので、甘いあんこは舌が受け付け
ないそうです。

納豆についても「豆が腐っている!」と言っていました(笑)

結局、食べ物に関することが一番、国の違いを感じる瞬間なのかもしれません。


食べ物といえば、つい先日、彼と都内に行った際、南米系のスーパー
マーケットを見つけました。

中に入ると、見たことのない調味料やお菓子、飲み物がたくさん。

主体者は少し興奮気味に、「あ、これ小さい頃によく食べたやつ!」「これこれ! 僕のおばあちゃんのお気に入りのお菓子!」と言いながら、あれこれ大量に買っていました。

家に帰ると、早速料理を作ってくれたのですが、日本にはない独特の香りや味付けなので、日本人の舌には少ししょっぱかったり、口に合わなかったりすることも……。

「おいしい」と思う感覚だけで、こんなにも違うことに驚きです。


でも考えてみると、私の両親も関東と関西なので、うどんのつゆの濃さの好みなどが全く違います。


そんなときは、「あぁ、きょうは~風なんだな」と考えれば、割と受け入れられるものです。

味付けに困ったときは、その日ごとに「きょうは~風、明日は~風」と考えれば、意外と楽しめるのかもしれませんね。

※こちらの「いいね」を押していただけると今後の励みになります♪

いいね(12)

戻る