光言社 編集者ブログ

印刷

  • ほぼ5韓国語講座
  • いいね(8)

2019年04月22日

ほぼ5韓国語「聖書ものがたり2」②

絵本「聖書ものがたり」をもとに、ほのぼのと韓国語を勉強しましょう。 

:語学院と大学合わせて5年間韓国に留学
:日本の大学で韓国語を第二言語として学ぶ。中級レベル
:カナタラと簡単な単語を覚えたので、これから文法も勉強したいところ

 

きょう勉強するのは、こちらの3つの文章です。
①에덴동산은 아주 아름다운 곳이었어요.
②초목이 우러지고 과실도 많이 열렸어요.
③아담과 해와는 언제나 하나님의 따스함을 느꼈어요.
*聖書ものがたり2『アダムとエバ』4~5ページ

 

こくよ:桜もとうとう散ってしまいましたね。

かんな:そうだね。今年もお花見行かなかったなぁ。 

ごんた:あまり行かないんですか? 

かんな:うーん、大学は韓国に行っていたので、あまり見る機会がなかったですね。韓国でも最近はお花見をするようになりましたが、春といえばやっぱりツツジのイメージが強いです。

こくよ:確かにツツジ祭(HJ天宙天寶修錬苑)に行くといつも満開ですね。 

かんな:そうそう。いつ見てもきれいだよね。そういえば、韓国には「花煎(화전)」という、お餅にツツジなどのお花をのせた食べ物があります。 

ごんた:ツツジを食べるんですか?? 

かんな:私も食べたことはないんですけどね(^0^;) 朝鮮時代の宮中では、旧暦の33日(重三節)に野山に出かけてツツジを摘み、それを白玉粉にのせて焼いて食べたそうです。 

こくよ:へ~。なんだか季節を感じられていいですね。 

かんな:うんうん。やっぱり季節を感じるには食べ物が必要だよね。来年は、お花見の屋台で何か買わなきゃ(>_<) 

ごんた:あれ、花より団子派ですか? 

かんな:・・・・・・。えーっと、そろそろ講座を始めましょうか(^0^;) 

ごんたこくよ:はーい。(団子派だったんだ^^;)



かんな:①の文書に「아름답다」があるので、きょうは「ㅂ変則活用」から始めますね。 

ごんた:また難しそうな内容ですね・・・・・・。 

かんな:これも避けては通れない内容なので、がんばりましょう! まず、「高い本」「良い本」のように形容詞が名詞を修飾する時は、語幹に「-ㄴ/은」を付けます。形容詞にパッチムがない時は「ㄴ」、パッチムがある時は「은」を付けます。

高い本:비싸다 + ㄴ + 책 → 비싼 책
良い本:좋다 + 은 + 책 → 좋은 책

ごんた:うーん。語幹とは・・・・・・? 

こくよ:ざっくりいうと、韓国語の場合の語幹は、動詞・形容詞の原形から「다」を取った部分です。 

ごんた:なるほど。「비싸다」なら、「비싸」が語幹ですね。 

かんな:そうです。基本的には、形容詞の語幹に「-ㄴ/은」を付けるだけなのですが、語幹の最後が「ㅂ」パッチムの時は変形しちゃうんです。今回①の文章に出てくる「아름다운 곳이었어요」の「아름답다」は「아름답은」とならず、「아름다운」になってます。 

こくよパッチムの「ㅂ」がなくなって、代わりに「우」が語幹の後ろに付くんですね。

「아름답+은」→「아름다우+ㄴ」→「아름다운」

ごんた:これが、「ㅂ変則活用」なんですね。 

かんな:はい。ただ、変形しないでそのまま使われる単語もあるんです。「좁다(狭い)」「수줍다(内気だ)」は、そのまま「좁은」「수줍은」と使います。変形しない、つまり正則活用の「ㅂ」パッチムの形容詞は、そこまで多くないので覚えておきましょう! 

こくよ:はーい! 

ごんた:うーん、まずは活用の基本から勉強し直してきます(@@;)

 

かんな:次は簡単なところを確認していきましょう。②の文章「초목이 우러지고(草木がおいしげり)」の「초목이」は、解体すると「초목(草木)」+「이(が)」です。

ごんた:ふんふん。 

かんな:じゃあ、この助詞「-이/가」については、こくよちゃんが解説してみようか!

こくよ:ええー(゜゜;)!! 

かんな:がんばれ~。 

こくよ:え、えーっと。まず、「-이/가」は、日本語で「~(名詞)が○○する」の「~が」という時によく使われます。名詞の最後にパッチムがない場合は「-가」、パッチムがある場合は「-이」を付けます。 

かんな:「アダムが」なら「아담이」「エバが」なら「해와가」ですね。 

ごんた:パッチムによって変わるのは、前回の講座で習った助詞の「-과/와(~と)」と同じですね。 

こくよ:そうですね! あと、発音の仕方としては、パッチムのある単語の後に、「ㅇ」や「ㅎ」を子音とするハングルが付くと、パッチムが後ろの子音にくっついて発音されるんです。 

ごんた:くっつく・・・・・・。 

こくよ:例えば、「초목이」の場合は、「목」のパッチム「ㄱ」が助詞「이」にくっついて「초모기」と発音します。その後に出てくる「많이」の場合は、ダブルパッチムなので少し迷いますが、「마니」と発音します。 

ごんた:ダブルパッチム^^;  

こくよ:ひとまず、音がお引っ越しすると覚えてください! 

ごんた:わかりました。お引っ越しですね。 

こくよ:はい! 

かんな:そうだね、お引っ越しだね() ダブルパッチムや激音化など、もっと説明したいところもあるけど、きょうはここまでにしましょう。 

ごんた:また、復習してきます^^; 

かんな:さすがです! あと、③の文章もきょうは時間がなくて説明できなかったので、自習をお願いします(^0^;) それにしても、こくよちゃん、これだけ説明できれば韓国語の先生になれるね。

こくよ:いやー、まだまだです(>_<) 

ごんた:教えるのが一番勉強になるみたいですよ。ぜひよろしくお願いします。 

こくよ:がんばります(^0^;)

  

〈きょうのポイント単語〉

아주:【副詞】とても、非常に
아름답다:【形容詞】美しい、きれいだ
우러지다:【動詞】繁る
열리다:【動詞】(実が)なる
따스하다:【形容詞】ほの暖かい、ぽかぽかする

 

*書籍の詳細はこちら

*アプリ「Blessed Life」では、韓国語の発音に特化した内容を連載中! ぜひ、ご覧ください。

 

いいね(8)

戻る