インフォメーション

印刷

  • LINE@光言社情報

2019年05月09日

『世界家庭』2019年5月号
読みどころ紹介①
SPECIAL TOPICS
米国で祝福結婚式「Peace Starts with Me(平和は私から始まる)— Blessing America」

4月6日午後2時(日本時間4月7日午前6時)、米国・カリフォルニア州ガーデナのメガチャーチ「シティー・オブ・レフュージ教会」で、真のお母様をお迎えして、祝福結婚式が挙行されました。


 祝福結婚式では、米国聖職者指導者会議(ACLC)のルオン・ルース共同議長夫妻が主礼を務め、新郎新婦入場、聖酒式、聖水儀式、聖婚問答、祝祷、聖婚宣布の順で行われました。

聖婚問答では、ルオン・ルース共同議長が「永遠なる夫婦として神様のため、人類のために生き、真の父母になることを誓いますか」などと問いかけると、参加者たちは「アーメン」と大きな声で答えました。



真のお母様の基調講演に先だち、ノエル・ジョーンズ牧師(シティー・オブ・レフュージ教会主任牧師)は、「私たちを一つにするために、神様が準備された方が韓鶴子総裁であることを、心の底から信じています」と、お母様を証ししました。


 真のお母様は、「一日も早くこの国に天の父母様、創造主である神様を迎える運動を起こさなければなりません」と、強く呼びかけられました。


 また、真のお母様は、本式典開催に尽力したノエル・ジョーンズ牧師に家庭連合旗を下賜され、「この旗が立てられた教会は、創造主、神様が『ああ、ここに私の愛する子女がいるのだな』と言って、より大きな福を与えてくださるでしょう」と祝福されました。

 本誌では、2ページにグラビア、4ページに真のお母様のみ言(全文)を掲載していますので、ぜひごらんください。


約500人の聖歌隊が迫力のある歌声で聴衆を魅了

 

『世界家庭』2019年5月号のご購入はコチラ
http://bit.ly/WorldFamily1905

『世界家庭』の定期購読はコチラ
https://bit.ly/smsteiki

戻る