インフォメーション

印刷

  • LINE@光言社情報

2019年04月11日

『祝福家庭』92号(2019年春季号)読みどころ紹介①
総合・天地人真の父母様のみ言
「祝福家庭として輝く世界の灯となりましょう」


真の父母様と一つになれば最高の国に

 今日の世界をリードする先進国に対して、私が訪れたジンバブエや南アフリカ、ネパールは、天の摂理から見るときに、あとの者でしたが、先の者になりました。真の父母と一つになって進んでいくならば、世界の中心を行く国になるのは間違いないということです。

 私は、韓国の郡や市とこれらの国々が姉妹結縁を結び、その国々が短期間で経済復興を遂げ、あらゆる面において豊かに暮らすことのできる国にしてあげたいと思います。同意しますか?(「はい」)


 そうして、天の父母様をお迎えして真の父母に侍る国々は、このように世の中の見本となり、光となり、灯となる、偉大な国になれることを示してあげたいのです。ですから私は、全アフリカの代表としてジンバブエを選び、ジンバブエで集中的に活動するように指示しました。


 アジアでも、ネパールを中心として700の市の市長たちが祝福を受けたので、天の民をつくり、神氏族メシヤ、祝福家庭を育てることに、いっそう集中するように願います。ヨーロッパでは、スイスがネパールと似た環境にありました。そのスイスが世界経済の一流国家になれたのは、一つになったからです。


 天が与えられた美しい環境を見るとき、汚染されていない資源をうまく利用できるように、韓国の家庭連合は、過去の経験を生かして積極的に一つ一つ教育し、豊かな国にしてあげなければなりません。


 姉妹結縁とセマウル運動、セマウム運動を通して、民が元気になり、祝福を受けた家庭として責任を果たす国民となれるように、韓国、そして特に日本家庭連合の祝福家庭になってください。そうして世界に、真の父母と一つになる国々は、このように健やかで最高の姿になれるということを見せてあげましょう。


天がこの日のために、どれほどの苦労と精誠を込められたか分かりません。きょうも真っ白な雪を降らせてくださいました。天は、私が接した国や民族の痛みをみな洗い、覆われるということを象徴的に見せてくださったと感じました。


私たち統一家の祝福家庭が、真の愛を分かち合い、実践して、輝く世界の灯となっていきましょう。

『祝福家庭』92号のご購入はコチラ
http://bit.ly/2OHbjfj

『祝福家庭』の定期購読はコチラ
https://bit.ly/smsteiki

戻る