インフォメーション

印刷

  • LINE@光言社情報

2018年03月30日

ムーンワールド4月号 読みどころ紹介①
誌上 親子礼拝 「グレートレースの先頭に立つ真のお母様」

 

 

み言:私の一生の目的はただ一つです。いかにすれば昨日よりもきょうをより一層感謝する心で生きていくかということです。きょう一日、昨日よりも感謝し、あすはきょうよりも感謝しながら生きていくために努力してきました。毎日感謝する心をもつことが私の人生の目標です。(『天の父母様の夢・真の父母様の夢・人類の夢』より)

 

 NHKの「グレートレース」という番組で、アメリカのロッキー山脈で行われた760キロメートルを4人のチームで駆け抜ける過酷なレースの様子が放映されました。山あり谷あり、湖や激流、洞窟や崖など、あらゆる自然の障壁を克服して最も早く自転車で走破した者が勝者になるというものです。60団体参加して20団体はリタイアするという過酷なものです。勝利者になるには、完璧なまでのチームの一体化の基準が必要です。頂点に上り詰めたチームは、……前人未踏のレースゆえに、……多くの称賛が贈られます。まさにグレートレースです。

 この番組を見て、すぐに脳裏をかすめたのが、真のお母様の生き方です。なぜならば、真のお母様も「2020年までに神の国を建てる」という強烈なまでのゴール意識をもって、先頭に立って歩まれているからです。そして、真のお母様に続くために、全祝福家庭と全青年圏が立ち上がって、同じゴールを目指して本気で歩んでいるからです。小学生の皆さんも、そのような真のお母様と、お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さんを助けます、というお祈りをしていきましょう。

 真のお母様は、絶対的なチームワークを組んで前進されています。全祝福家庭に「私と一つになれば、できないことはない」と激励されています。「ウリヌン・ハナダ(私たちは一つである)」と語られた真のお母様のみ言は、最後の峠を越えるために、ますます重要になっているのです。

 小学生の皆さんが真のお母様と心を一つにするにはどうしたらよいでしょうか。それは、真のお母様の生きる姿勢に倣うことです。真のお母様が大切にされていることが、すべてに感謝することです。まず、すべてのことに「ありがとう」と言える者になりましょう。

 

戻る