インフォメーション

印刷

  • LINE@光言社情報

2019年05月31日

『ムーンワールド』2019年5月号
読みどころ紹介③
☆親子で楽しむ神様の世界
- 昆虫なのに植物に似ている理由-

(コノハムシ)

 コノハムシ(写真)は、主食のグァバの葉にそっくりの形をしています。葉のサイズから色、形、葉脈の1本1本までそっくりなのです。

手足まで虫にかじられて枯れたような色と形になっていて、とても虫には見えません。これが、偶然に起きた突然変異によって形作られた、と説明するのには無理がありそうです。

また、昆虫は、人間のように物を立体的に見たり、色鮮やかな色彩を認識することはできません。だから、当然、自分から「こうなりたい」と思ったわけではありません。(思ったとしても、そうなれるわけではありませんが……)


 つまり、人と同じような視覚をもち、コノハムシを食べようとする鳥などの天敵から身を隠すことができるように、神様が、細工したとしか思えないのです。

(ダイトウクダマキモドキ)

(ニセハナマオウカマキリ)

『ムーンワールド』5月号のご購入はコチラ
http://bit.ly/MoonWorld1905

『ムーンワールド』の定期購読はコチラ
https://bit.ly/smsteiki

戻る