インフォメーション

印刷

  • LINE@光言社情報

2018年11月23日

『ムーンワールド』11月号 読みどころ紹介③
聖書のこころ
ヨセフの物語(4)

 

 

 息子たちからエジプトの報告を聞いた父イスラエルは本当に心を痛めました。最愛の息子ヨセフに加え、ベニヤミンまで失うかもしれないという恐れは、計り知れない悲しみを呼びました。長男のルベンと四男のユダは「自分たちが責任を取ります。ベニヤミンを連れてエジプトに行かせてください」と父に訴えました。ききんは激しく、買ってきた食糧も底をつきました。とうとうイスラエルはベニヤミンを失う覚悟で10人の息子たちをエジプトへと送りました。

 ベニヤミンたちが来るとヨセフは彼らに問いました。「父は元気ですか」。また、ベニヤミンには、「あなたが末の弟ですか。神様が恵まれますように」とだけ言うと、大急ぎで部屋を出て行きました。弟があまりにも懐かしく、あふれ出る涙を止められなかったからです。その後ヨセフは彼らを食事に招待しました。人質に取られたシメオンも解放され、兄弟は丁重にもてなされました。ベニヤミンの食事は皆の5倍もありました。それはヨセフとの楽しい食事でした。終わりに近づいた頃、ヨセフは家づかさにそっと命じました。「彼らにたくさんの食糧を準備し、末の弟の袋には私の銀の杯を入れておきなさい」。夜が明けると、11人の兄弟は買った食糧を持ってエジプトを出発しました。

 すると、すぐに家づかさが追いかけて来ました。「ご主人の銀の杯が盗まれました」。「私たちは盗んでいません。もし杯が見つかったなら、その者は奴隷となります」と応える兄弟。驚いたことに杯がベニヤミンの袋の中にあったから大変です。皆は大騒ぎでヨセフの元へと戻りました。ユダは「ベニヤミンがいなければ年老いた父は悲しみで死んでしまいます。どうか代わりに私を奴隷としてください」と懇切に訴えました。


 ヨセフはもはや自分の心を抑えられなくなりました。そこで家来たちを払い、兄弟だけにすると「お兄さん。私はヨセフです」と言って大声をあげて泣きました。「あなた方の命を救うために私を先にエジプトにつかわされたのは神様です。父とエジプトで一緒に暮らしましょう」。12人の兄弟たちは共に抱き合って泣きました。その後、息子たちからすべてを聞いた父は、うれしくて気が遠くなりそうでした。

 このようにしてイスラエルたちはエジプトへと移住し、氏族は大いに栄えました。

 

『ムーンワールド』11月号のご購入はコチラ
http://bit.ly/MoonWorld1811

『ムーンワールド』の定期購読はコチラ
https://bit.ly/smsteiki

 

戻る