https://www.kogensha.jp

『世界家庭』4月号 続・聖歌のめぐみ
聖歌15番「我は供物」

 このコーナーでは、私たちがふだん讃美している聖歌が誕生した背景について、聖歌編纂委員の天野照枝さん(777双)が解説しています。

 今回は聖歌15番「我は供物」です。劉孝元(ユ・ヒョウウォン)統一教会初代協会長のいとこに当たる、劉孝敏(ユ・ヒョウミン)さんによって作詞作曲されました。

 以下は、本誌からの抜粋です。

-----------------------------

お父様の切実な説教

 1956年から57年頃、真のお父様が涙とともに語られた説教に、劉孝敏さんは深く感動しました。復帰摂理を導いてこられた神様のお心を、「祭壇と祭物」という内容で話され、私と共に死の場を超えてくれないかと訴えられた説教でした。祭壇とは、時代性や環境をも意味します。お父様は次のようにおっしゃったそうです。

 「神様がどれだけ長い歴史を耐えて、心を尽くし、犠牲をいとわず、祭壇を準備なさったかを考えてみなさい。

 そのように祭壇を準備されても、祭壇に供えられる清い供え物が悪に侵害されて、全てが崩れる瞬間の神様の悲しみと、苦しみを思ってみなさい。

 アブラハムに、愛するイサクを捧げよと言われるとき、無慈悲に命令した神様だと思うのですか?

 十字架上のイエス様の祈りを、神様はどう聞かれたと思うのですか?

 死んでくれと言うとき、神様も泣いておられるのです。ご自分の心も言えずに泣かれるのです。私たちは、その心情を知って、神様を慰労する祭物となって祭壇に上り、今こそ勝利の峠を越えていかなければなりません」

 そして、アブラハムのイサク献祭の話をされ、「そのとき、イサクは、生きているけれども死んだ立場でした。祭物とはそのようなものなのです」と言われました。イサクは、自分を祭物として捧げようとする父アブラハムの姿に、一瞬は驚きながらも、「あんなに自分を愛していた父のすることだ」と、条件なしに父を信じ、父の信じる神を信じたのです。

 イサクがもし逃げ回ったらどうなっていたでしょうか。アブラハムの忠誠と、それに劣らないイサクの忠誠とが合致して、共に死んだ立場からよみがえることができたのです。

祈りのうちに与えられた詞と曲

 劉孝敏さんは、真のお父様のその説教に心を深く動かされ、涙と共に数日を過ごしました。神の摂理の途方もない忍耐が何のためだったのかを思い、またそれを語ることもできず、言葉なく泣かれる神の涙を知ったのです。

 そのとき、「神よ、あなたの切実なる思いを、私は今、知りました!」という思いがほとばしったのです。

▲作者の思いが込められた原譜(草創期の韓国語の聖歌集『성가』から)

 そのように、心の深い所で天と交流しながら、祈りのうちに、一つ一つの言葉と曲が与えられていったので、この聖歌は「霊歌に近い」と劉孝敏さんは言われました。

 祈りは徐々に決意に変わっていきました。〝私は祭物だ、この身はどうなったとしても感謝である〟という思いが、聖歌「我は供物」として結実したのです。

-----------------------------

(トップの画像は、1955年10月、無罪で西大門刑務所から釈放された真のお父様〈後列左〉と劉孝元先生〈同右〉、劉孝敏さん〈前列左〉、金元弼先生〈同中央〉、劉孝永さん〈同右〉)

 『世界家庭』2020年4月号のご購入はコチラ